2010年03月22日

【スタッフ紹介】牛頭 進さん−2

■ 理事・事務局長  牛頭 進

【スタッフ紹介】牛頭 進さん 続き

     --------------------------------------------

5、TVFの魅力はどんなところですか?
各地から送っていただいた作品を拝見していると、その地域にしかない出来事や日常の生活など、その人当事者にしか感じられない喜びや悲しみ、怒りなどが驚くほどたくさんあることがわかります。
そこには新しい発見があったり、制作者の思いに共通点を感じ、時には笑ったり、悲しくなったり、思いを感じたり、考えさせられたり…。そして作品審査の過程で、一緒に見た仲間や、制作者、先生方とお話しすることで、モノの捉え方が広がったり、まさにTVFは「人生を変えてくれる素晴らしいメディア」と思っています。
僕は自分自身を成長させてくれたTVFに何らかの形で恩返ししたいという気持が引き金になって、この魅力あるTVFの再開ができないものかと考えていました。

6、TVFが「市民がつくるTVF」に移ってどんなことをやろうとしているのですか?
個人目線の市民ビデオによるコミュニケーションの可能性を広げる、というTVFの精神を受け継いで、作品の「発表の場」はもちろんのこと、作品を「観る場」、作品から「学ぶ場」、そしてそれらを通じて志を同じくする人たちの「交流の場」を作っていくことです。
具体的には、年1回のビデオフェステバルを行い、そこから生まれた作品を活用してセミナー、ワークショップ、フォーラムを開催したり、上映会を通じて交流を活発化していきたいと考えています。

7、今までのTVFとの違いはどういうところですか?
非営利のNPO法人が運営するこの活動は、企業がやっていた今までのものとは色々な面で違いが出てきます。
たとえばフェステバルでのスケール(規模)は小さくなるだろうし、発表会もショウアップのないごくシンプルなやり方になるでしょう。進行も運営もNPO関係者やボランティアメンバーで行ういわゆる“手づくり”運営ですのでスムーズに行かない事が多々あろうかと思います。
つまり、志を同じくする市民みんなで、良いことも悪いことも共有して行う事業なわけです。一人一人ができることをやり、みんなでそのプロセスを共有する、という、本当の市民レベルの映像の祭典を目指して行きたいと思っています。

8、最後に、「市民がつくるTVF」に求められることはどんなことですか?
ひとつひとつの実績を作り上げることだと思っています。みんなの意見や提案を汲み取り、本当の市民レベルの映像の祭典を目指していく事です。
それには数々の難題もあり簡単なことではないとも認識しています。やりたいことはいろいろあっても資金や体制が不足してできなかったりで。でも、少しでも今の世の中が、私たちの周辺が幸せに向かっていけるように希望をもって活動できたらと思っています。
そのためにはみなさんのお力が必要となります。一人でも多くサポーターに参加いただき、支えてくれるすべての人たちに報いられるよう努めていけたらと思っています。

     --------------------------------------------
posted by staff at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | スタッフ紹介

2010年03月21日

【スタッフ紹介】牛頭 進さん−1

■ 理事・事務局長  牛頭 進

みなさん こんにちは。事務局長の牛頭(ごず)進です。なぜ事務局長を担当しているかとか、今までにTVFとどういう関わりがあったのかなど、恥ずかしながら紹介させていただきます。

【経歴】
牛頭 進(ごず すすむ)
1962年、日本ビクター入社。1974年よりビデオ事業部で国内マーケティング担当として主にVHSビデオの世界普及戦略に参画。VIC(ビデオインフォメーションセンター)をはじめTVF(東京ビデオフェステバル)、VRC(ビデオリポータークラブ)、VCC(ビデオケーションクラブ)の設立に主軸メンバーとして活躍。2000年に放送されたNHK「プロジェクトX」−窓際族が世界規格を作った−では番組構成にあたり、社会現象となった同番組のヒットのきっかけをつくった。2001年、NPO法人「市民がつくるTVF」を立ち上げた。現在、同法人理事・事務局長。

     --------------------------------------------

1、TVFとはどんな関わりですか?
僕は、VHSビデオのマーケティング担当としてTVFに関わってから30年で全国のVICと一緒にVHSによる自主制作ビデオの普及に努めてきました。
TVF事務局を担当したのは2001年から定年退職までの3年間。これが現役最後の仕事となりました。

2、TVFではどんなことをしていたのですか?
一番やりたかったことは、TVF作品をもっとたくさんの人に観てもらうしくみを作りたかったことです。それまでのTVFは、ややもするとフェステバルとしての発表会を行うことに全精力を割いていて、それが終わると何もない、というような、いわば一過性のイベントのように感じていました。
TVFのコンセプトは「作品を通じて語り合って、映像によるコミュニケーションを広げること」だとするなら、これをどうやったら実現できるのかを考え、試行錯誤してきました。

3、具体的にはどんなことをやったのですか?
いろいろな試みをやってみました。例えば、フェステバルが「発表の場」であるなら、その作品を観る機会を増やしたり、その作品の狙いや表現に対する評価を審査にあたっていただいた先生や制作者の方から直接お話いただいたりする、セミナーやフォーラムを開いたりしました。
いわゆる「観る場」「学ぶ場」を作り、そこに参加される人たちの交流が活発になるように考えました。

4、それはどんな成果がありましたか?
なかなか簡単ではなかったです。最初に行ったセミナーは、学校の先生を対象に「映像制作実践セミナー」を開いたのですが、参加者は3人しか集まりませんでした。でも、その中に富山県の高校の先生がいて、映像を使った授業について真剣に取り組んでいることが分かったりして、やろうとしていることは決して間違っていないんだと感じました。
2004年の「TVF2005」には、学校や地域で自主制作している人やインターネットを使って作品を配信したり交流を広げている人達8人による市民ビデオフォーラムをTVF発表会に併設して、これからの市民ビデオの在り方をみんなで考える機会を作ったりもしました。
しかし、これは初めての企画であったり、僕の力不足もあってもう一つ浸透せず、内容の充実と参加者数の広がりが課題となりました。でもその企画は、「TVF作品によって市民ビデオの可能性を広げよう、という意味でとても大事なこと」と周りから励まされたりして、これからにつながることもいろいろ発見できました。

     --------------------------------------------

2に続く
posted by staff at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | スタッフ紹介

2010年03月20日

スタッフ紹介、始めます!

こんにちは。事務局スタッフです。

NPO法人「市民がつくるTVF」にはたくさんのスタッフが関わり、活動を行っていますが、「スタッフの方々がどんな人なのか知りたい」という声をいただきました。不定期にはなりますが、今後、役員やスタッフの紹介を記事としてUPしていきたいと思います。

まず初回は、事務局長である牛頭進さんです!

※不定期のUPとなりますので、スタッフについて一気に知りたい方は、カテゴリの「スタッフ紹介」を選択してお読みください。
posted by staff at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ紹介

2010年03月03日

皆さんはサポーターとして、どんな活動をしたいですか?

こんにちは。事務局スタッフです。

先日、来期の事業計画、活動計画を練っているという記事をUPしましたが、その中に「サポーターをいかにして増やしていくか」という課題があります。いかに増やしていくかという思案と合わせて、同時に申し込みを募るためのツールの作成にも取り掛かっています。

すでにサポーター申し込みをいただいている方、まだ申し込みまで至っていない方、その両方の方々にお伺いしたいのが、どんな特典や活動があったら、「ぜひサポーターとして申し込みをしたい!」と思うのか、ということです。

もちろん、私達「市民がつくるTVF」の活動理念に賛同いただいた方々がお申し込みいただいていることが第一なのだとは思いますが、それにプラスαがなければ、なかなか行動に移すことは難しいのではないのかな、と思います。何せ一万円ですから…、諭吉さんですからね…(笑)

皆さんは、サポーターというポジションで、どのようにTVFと交わっていきたいですか?事務局からどんな方法で情報発信があったらいいなぁ、と思いますか?

NPOとなったTVFは、いろんな垣根を取っ払って活動していきたいと思っています。そのためにも率直なご意見やお考えをコメントしていただけたら、とても嬉しいし、励みにもなります!
posted by staff at 22:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 活動日記

2010年03月02日

「アース・ビジョン 第18回地球環境映像祭」が開催されます

こんにちは。事務局スタッフです。

更新、頑張ってみてます!←途中でくじけないように周知することで自らプレッシャーを課してみたりしています…。

本日もイベントの告知です。3月5日(金)〜7日(日)、アース・ビジョン組織委員会主催による「アース・ビジョン 第18回地球環境映像祭」が開催されます。

「アース・ビジョン 地球環境映像祭」は、地球サミットがおこなわれた1992年に、始まった国際環境映像祭です。映像を通して地球環境について考えるきっかけとなる場を作ることを目的として活動を行っています。

詳細はこちらのページに記載がございます。ぜひご覧下さい。

 → http://www.earth-vision.jp/14-03mainfestival09-j.htm

-----------------------------

「アース・ビジョン 第18回地球環境映像祭」

■ 開催日:3月5日(金)〜7日(日)
■ 主催:アース・ビジョン組織委員会
■ 問い合わせ:03-5802-0525(直通)/03-3813-9735(本部)
posted by staff at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記

2010年03月01日

MELL EXPO(メル・エキスポ)2010が開催されます

こんにちは。事務局スタッフです。

本日はイベントの告知です。3月5日(金)〜7日(日)、メル・プラッツ主催による「MELL EXPO(メル・エキスポ)2010」が開催されます。

「MELL EXPO(メル・エキスポ)2010」は、メディア表現、リテラシーに関心を持つ人びとが一堂に会する一年に一度のお祭りです。

詳細はこちらのページに記載がございます。ぜひご覧下さい。

 → http://mellplatz.net/info/expo/000208.php

現在、一般参加者の事前登録を行っています。皆さまお誘い合わせのうえ、お申し込み下さい。

-----------------------------

「MELL EXPO(メル・エキスポ)2010」

■ 開催日:3月5日(金)〜7日(日)
■ 主催:メル・プラッツ、東京大学大学院情報学環
■ 協力:メディア・エクスプリモ、ろっぽんプロジェクト
■ 問い合わせ:メル・プラッツ事務局【2009@mellplatz.net】
posted by staff at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記

2010年02月28日

来期の事業計画、活動計画を練っています

こんにちは。事務局スタッフです。

前回の更新からすっかり日が空いてしまい、大変申し訳ありません。気付けばもう2月は今日で終わり…。早いです〜!バタバタと仕事に明け暮れ、寒い寒いとわめいていたら(笑)、1カ月が過ぎてしまいました…。これからはもっとブログに向かう時間を増やし、積極的に更新を心がけます。更新が滞っていたら、どうぞ皆さん「更新されてないよ!」とコメントしてくださいね!(←自分に課すプレッシャー)

さて、「市民がつくるTVF」プレ・イベント「上映会」「発表・表彰式」が無事終わり、その後の事務局は来期に向けて動き始めています。役員が集まり、今後について話し合いを行ったり、それぞれ時間が作れる時に個別で集まり、喧々諤々やっております。

大きなポイントは2つ。まずは今後、TVFを軸として具体的にどのような活動を行っていくか。そして、その資金をどのように工面していくか、です。どちらも話し合いを始めるとなかなか終わりが見えず、長い長い話し合いとなるのですが(苦笑)、大事なことです。

皆さんに応援、支援をしていただくためにもこれからの1カ月、しっかりと話し合いを重ね、事務局としての姿勢を固めていきたいと思っています。またご報告をさせていただきます。

…ブログの更新もしっかり頑張ります!
posted by staff at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記

2010年01月31日

「交流会&NPO発足記念会」が開催されました!

こんにちは。事務局スタッフです。

「市民がつくるTVF」プレ・イベント「上映会」「発表・表彰式」の後は、場所を移しまして「交流会&NPO発足記念会」が開催されました!当日は事前のお願いにより、皆さんから沢山の差し入れもいただき、本当にありがとうございました。

代表理事である小林はくどうさんからご挨拶をいただき、そして今回NPOの運営に携わった役員、ボランティアの紹介も行われました。沢山の人たちの力によって成り立っているTVFです。

      P1020618_R.jpg P1020620_R.jpg

そして、このNPOの発起人であり、審査委員でもある羽仁進さんの乾杯の音頭により、賑やかな「交流会&NPO発足記念会」が始まりました!

入賞者の皆さん、NPOの役員、ボランティアスタッフ、そして市民ビデオ活動に携わる様々な人たちが一同に介したこの会。会場のあちこちで楽しそうな笑い声が上がったり、久しぶりの仲間との再会を喜んだり、時には真剣なお話で盛り上がる様子が見られました。TVFをこのような形で継続することに尽力を注いだNPOのメンバーにとって、この発足記念会は大変嬉しい会となりました。

      P1020624_R.jpg P1020627_R.jpg

入賞者の方とも色々なお話ができるこの会。私は入賞作品について入賞者の方と語る中で、色々な想いがこみ上げ、時に涙腺が緩んでしまう場面も…。スミマセン…。でも、「作品」と「人」がつながることで、色々な深い気持ちまで見えてきますね…。(歳とともに涙腺がどんどん緩くなっているだけ、という説もありますが…汗)

最後は、このNPOに本当に全力で取り組まれている事務局長である牛頭進さん、そして役員であり、本日のトークフォーラムの司会も務められた下村健一さんからご挨拶をいただきました。

      P1020628_R.jpg P1020633_R.jpg
      P1020635_R.jpg P1020638_R.jpg

中締めは役員の東英児さん。男らしい力強い一本締めで締めていただきました!

ご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました。これからもTVFへの応援、ご協力をよろしくお願いいたします。今日がTVFの新たな始まり。事務局一同、また今日から頑張ってまいります!
posted by staff at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記

「市民がつくるTVF」プレ・イベント 「上映会」「発表・表彰式」が開催されました

こんにちは。事務局スタッフです。

昨日、1月30日(土)、日本工学院専門学校・デジタルシアターにて、「市民がつくるTVF」プレ・イベント 「上映会」「発表・表彰式」が開催されました。

「上映会」では入賞作品15作品を一挙上映!朝9:30からという早いスタートにも関わらず、会場と同時に大勢の人が詰めかけ、TVFの復活にかける皆さんの想いが伝わってきました。

そして、午後に行われた「発表・表彰式」では、まずビデオ大賞3作品が発表されました!大賞3作品は、以下の通りです。

 <ビデオ大賞・受賞作品>

 ・「四世代を生きる」 藤井喜郎さん(71歳・神奈川県)

 ・「Jack in Harlem」 佐藤公昭さん(37歳・東京都)

 ・「コラージュルージュ」 田涼平さん・三好萌加さん(19歳・京都府)

おめでとうございます!藤井喜郎さんは、発表された瞬間、驚きと嬉しさのあまり、撮影にと構えていたビデオカメラをゆっくりと下に下ろしてしばし呆然…。次の瞬間、とっても嬉しそうな表情をしていました!

入賞作品の表彰の際は、皆さん本当に嬉しそうな表情で賞状と楯を受け取り、作品についてや自分の今のお気持ちを、緊張しながらも会場に一生懸命に伝えていました。皆さん、本当におめでとうございます!これからもステキな、そして伝える力を持った作品をつくり続けていただきたいです。

表彰の後は、「審査委員によるトークフォーラム」が行われました。会場は満員!下村健一さんの進行により、短い時間ながらも熱い議論が展開しました。

      P1020612_R.jpg P1020614_R.jpg

本当はもっと、時間をかけて、会場の皆さんやTVFのスタッフみんなで意見交換できる場をご提供できればよかったのですが…。今後はそういった場をどんどん作っていけたらいいなぁ、という事務局の思いを再確認する場ともなりました。

2009年に立ち上がった、NPO法人「市民がつくるTVF」。プレ・イベントとして初めての「上映会」「発表・表彰式」となりましたが、沢山の方にお越しいただき、本当に実現して良かったと思える一日となりました。ご来場いただいた皆さんからも、「復活を待っていた」「これからも続けてほしい」「入賞して本当に嬉しい」と嬉しいお声がけを沢山いただきました!事務局一同感激です。

正直、限られたマンパワーの中での運営は大変なことも沢山ありますが、こうやって皆さんの応援、ご協力をいただき、無事ここまでこぎつけることができ、今後の道すじを照らしていただけた、とても有意義な一日でした。

皆さん、本当にありがとうございました!
posted by staff at 17:19| Comment(11) | TrackBack(0) | 活動日記

2010年01月24日

交流会&NPO発足記念会へは、ぜひ「1本」ご持参でお越しください!

こんにちは。事務局スタッフです。

あと1週間と迫りました、「市民がつくるTVF プレ・イベント」の「上映会」「発表・表彰式」。スタッフ一同、準備に追われる毎日です。

さて、本日は皆さまにお願いがございます。

「上映会」「発表・表彰式」の後に開催されます「交流会&NPO発足記念会」ですが、楽しい会にするためにも、皆さまからのアルコールドリンクのお持ち込みを大歓迎いたします!

会場でご用意できるドリンク類に限りがあり、たくさんの方々に楽しんでいただくためには、皆さまのご協力が必要な状況での、このようなお願いです。ぜひ、「我が街自慢」の日本酒や焼酎、ご自宅に眠っている年代モノの秘蔵ワイン、などなど、お持ち込みをお待ちしております!

ただし、食べ物に関しては持ち込みは絶対厳禁となっておりますので、厳守をお願い申し上げます。あくまで、「アルコールドリンク」のみでお願いをいたします。(食べ物の持ち込み禁止のお願いにつきましては、「交流会&NPO発足記念会」のみのお願いとなります。)

NPOとなったTVF。一人一人の小さな協力によって、みんなで運営・活動をしていきたい所存です。ご協力をいただけますと、事務局一同大感激です!よろしくお願い申し上げます。

 ※20歳未満の方の飲酒については禁じられておりますので、会場ではご留意いただきますよう、
  お願い申し上げます。


 ※食べ物のお持ち込みは禁じられておりますので、ご留意をお願い申し上げます。
posted by staff at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記